• HOME
  • 特集記事
  • 職人として、それぞれの夢に向かって頑張っています。
#03

塗装業界に入った若者たち

職人として、それぞれの夢に向かって
頑張っています。

佐藤興業株式会社
若手社員の皆さん

動画を見る

「若者がものづくりの世界に飛び込んだきっかけは?」「将来の夢は?」そんなギモンをお持ちの方も多いはず。Tokyoものづくり部開設のシリーズとして、都内でものづくりを行う企業を訪ね、現場で活躍する若手からベテランの方々に仕事の内容や魅力などについてインタビューを実施。シリーズ第三弾となる今回は、100年以上の歴史を誇り、オフィスビルなどの一般塗装だけでなくテーマパークなどに用いられる特殊塗装も手がける佐藤興業株式会社の若手社員の方々にお話を伺いました。

特殊塗装との出会いは高校時代のインターン。

工業高校に通っていた頃、授業で教わった塗装がすごく楽しくて、在学中に佐藤興業株式会社のインターンシップに参加しました。そこで特殊塗装の魅力に触れたのが入社のきっかけです。特殊塗装で木目や大理石の模様を描くのって、簡単そうに見えますが実は奥が深く、真似してみても全然できないんです。指導を受けてトライするうちに、少しできただけで「面白い!」と惹かれてしまいました。

実際の仕事では、特殊塗装より一般塗装を行う機会が多いので、今は基礎をしっかり固めながら、特殊塗装の技術も向上させていきたいと思っています。

夢は、女性だけの塗装会社を作ること。

今年ですでに入社3年目。実務経験2年以上で2級技能士の試験を受けられるので、現在は試験対策の真っ最中です。2級取得後2年間キャリアを積めば1級技能士の受検資格も得られます。できればそれも取得し、その後は技能競技大会の全国大会に出場して上位入賞を狙いたいですね。
いつになるか分からないけど、将来は独立も視野に入れています。最近、女性の塗装職人が増えていますが、まだ女性だけの塗装会社というのは聞いたことがないので、自分が経営者となって実現してみたいです。後輩の女性たちを誘って一緒にやれたら嬉しいかな。


ものづくり現場を目指す後輩へひと言!

インターンなどを積極的に利用して楽しいと思った会社を選びましょう。

ここで学べるだけ学んで、
将来は、実家の会社を継ぎたい。

特殊塗装の技術が素晴らしくて、どうしても入社したいと思ったんです。技能競技大会で優秀な成績を残している職人さんの多さにも、弊社の魅力を感じました。基礎からこれほど丁寧に学べる研修施設があるのも有り難いです。
私の実家はリフォーム業を経営していて、いずれは後を継ぐつもりですので、ここでしか学べない技術やノウハウを全て吸収したいと思っています。地元では見られない大型ビルの塗装などのスキルを身につけて武器にできたらいいですね。1級技能士だけでなく施工管理の資格も取得して、将来は職人を育てる側としても活躍したいと考えています。


ものづくり現場を目指す後輩へひと言!

夢や目標は仕事のモチベーションにもつながります。ぜひ大きな夢を持ってください!

研修が充実しているから安心。
一人前の職人を目指し今は勉強の日々。

私も会社のインターンに参加して入社を決めました。高校の先輩が先に入社していて、入社前から社内の状況や仕事のことなどを聞いていたのでそれほど不安はありませんでした。怖いイメージだった職人さんも優しかったですし。 工業高校生時代は、塗装の勉強ばかりしていたわけではありません。だから研究センターできちんと基礎を学んでから現場に出られるのは安心感があります。今は少しでも早く技能を身につけられるよう日々勉強しながら、先輩の仕事ぶりを見て学んでいきたいです。 先輩が独立するときが来たら、誘ってもらえるような職人になるのが目標ですね。


ものづくり現場を目指す後輩へひと言!

社会に出て後悔しないように、高校時代にしかできない思い出を作っておこう!

人材育成と特殊塗装について社長と指導担当の方に聞きました

Q.人材育成の制度は?
浦安に研究センターを設け、入社後10年間を想定した人材育成制度を確立しています。入社時研修、OJTを含めた2年間の研修を経て、入社3年目に見習いから職人となります。10年目以降はマネージャー、スペシャリスト、または暖簾分け制度を利用して協力会社になるなど、個人の希望に合わせたキャリア形成が可能です。
同時に、塗装技能士の資格取得や特殊塗装の技術習得にも注力しています。褒めて伸ばすことを心がけることで、若手の積極性を引き出しやすくしています。


Q.特殊塗装とは
建築物の内外装において、オーダーメイドで特別な塗装を施すこと。木目や大理石、メタリック調のパターンなど、さまざまな模様を塗装で表現することが可能です。空間の見せ場となる部分に求められることが多く、当社では「スペシャルフィニッシュ」と呼称しています。特殊塗装については、当社の技術力を評価され近年実績も増えています。このため、新人や若い職人たちに研修を行い技術の継承に力を注いでいます。

社名

佐藤興業株式会社
本社所在地 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-10
連絡先 TEL: 03-3294-1981(代表) FAX: 03-3295-9393
主な業務内容 大・中規模物件における建築塗装
テーマパークや歴史的な建造物のリニューアル工事の塗装などを担当
ホームページ 佐藤興業株式会社のHPへ

#動画で見る

#バックナンバー

#06

東京から世界へ発信!衣食住遊・匠の技

東京・日本の魅力発信イベント「Tokyo Tokyo ALL JAPAN COLLECTION」にて、東京の匠が技や作品を披露した様子をリポートしました。

詳しくはこちら

#05

精密加工を担う「旋盤」「フライス盤」の競技に挑む!

「挑戦!若年者ものづくり競技大会」シリーズの第2回となる今回は、中央・城北職業能力開発センター 板橋校において「旋盤」「フライス旋盤」の職種で出場した久世さん、在川さんの2人の選手をご紹介します。

詳しくはこちら

#04

二人で協力して戦うことで、難易度の高い課題も楽しめました。

今回は、「挑戦!若年者ものづくり競技大会」と題して、東京都代表選手として出場された東京都立職業能力開発センターの皆さんの経験と感想を、2回シリーズでご紹介します。

詳しくはこちら

#03

職人として、それぞれの夢に向かって頑張っています。

「若者がものづくりの世界に飛び込んだきっかけは?」「将来の夢は?」シリーズ第三弾となる今回は、塗装現場で活躍する若手社員へ仕事の魅力や目標などについて伺いました。

詳しくはこちら

#02

人の手で作った質感を残すことが出来る。そこが、左官職人の面白さ。

「女性で活躍している職人っているのかな?」「子育てしながら職人ってできるもの?」シリーズ第二弾として女性左官職人の方に働き方や仕事の面白さなどについて伺いました。

詳しくはこちら

#01

ハイテク化が進む製造業はものづくりの楽しさに満ちた世界です。

TOKYOものづくり部開設のシリーズ第一弾として、宇宙産業など幅広く取り組む企業で活躍する特級技能士の方にものづくり現場の魅力ややりがい、若者へのメッセージを伺いました。

詳しくはこちら
  • はたらくネット
  • 技能五輪
  • ものづくり・匠と技の祭典
  • 東京マイスター
  • 技のとびら
  • 東京都職業能力開発協会
  • 中央職業能力開発協会