• HOME
  • 特集記事
  • 親子で受け継いできた技術で東京マイスターを受賞!
#12

東京都優秀技能者(東京マイスター)

親子で受け継いできた技術で
東京マイスターを受賞!

有限会社小池製作所
小池 孝広さん

東京都では年に一度、都内に勤務する技能者の中でも極めて優れた技能を持つ方々を「東京都優秀技能者(東京マイスター)」として認め、東京都知事賞を贈呈しています。今回は、令和3年度東京マイスターに認定された旋盤工の小池孝広様が勤務する小池製作所へ。技術の修得に至る道のりや、ものづくりの世界を目指す若者たちへの思いなどについてお話しを伺いました。

社長や会社の存在があったからこそ
受賞できたと受け止めています。

17歳から仕事を始めたので、すでに20年以上のキャリアを重ねています。その結実としての「東京マイスター」の受賞には、心からの喜びを感じています。

ただ一方で、私個人の功績というより、社長である父や会社の実績・歴史があってこその受賞だとも思っています。父の技術はさらに高度ですし、父に「興味があったらやってみないか?」と誘われなければ今の私はありませんでした。

今回評価されたのは、弊社の得意分野である精密部品加工、とくに「昔ながらの汎用機を使った手作業の技術+先端機器による機械の技術」を実現させた高精度かつ柔軟な技術力です。弊社の強みが認められたと思うと、大変光栄です。

1ミリ以下の精密部品も多いため
刃物を自作して対応することも。

現在は、父と二人で会社を運営しています。主に私が旋盤、父がフライス盤の担当です。弊社は、精密部品の中でも光学機器をメインに製作しています。例えば、胃カメラやレンズ類などに使われる鏡筒を、ステンレスやアルミ、真鍮といった素材を加工して作っています。時には、「こんな部品を作れますか?」と1ミリ以下の精密さを求められる試作品の依頼を受けることも。サイズによっては、旋盤の刃物が市販のものでは大きすぎるため、より精密な作業ができるよう刃物を自作することもあります。

試作品を形にできなければ、お客様の製品化や量産化にも影響するのでプレッシャーもあります。実現性が判断しにくい場合でも、完成への道筋や手順を模索しながら、まず形にすることが使命だと思っています。お客様の思いに寄り添い、知識や経験を最大限に発揮して挑戦し続けることを常に心がけています。

「なぜ?」「どうやって?」を常に考え
興味を持つことが、ものづくりの原点です。

「東京マイスター」の受賞以来、改めてその名誉と重みを感じています。求められるハードルが上がった気がします(笑)
この賞にふさわしい技能者になれるよう、日々精進あるのみです。
特に、試作品づくりは失敗の連続。「なぜできないんだ?」「どうすれば改善できる?」と自問しつづける探究心が求められます。それが面白さであり、成長への道でもありますね。

将来ものづくりに携わりたい方は、つくりたいものやその実現方法を常にイメージするクセをつけてください。普段目にするものに対しても「どうやってつくるんだろう?」と興味を持つことが、ものづくりの原点です。切削技術を身につけるなら、汎用機から覚えていくのがおすすめ。手作業の感覚や力加減を養えますし、ものづくりの実感も得やすいですからね。

有限会社小池製作所とは

主に医療・光学機器などの分野をベースに、精密部品の機械加工を行う製作所。
親子2代で受け継がれた技術力で、汎用機による「人の手」と最先端機器による「機械の手」を駆使し、高精度・高難易度のオーダーに対して小ロットから柔軟に対応。
業界の発展を支える町工場として多方面から評価を獲得している。

社名 有限会社小池製作所
会社所在地 〒192-0154 東京都八王子市下恩方町 1104-1
連絡先 TEL: 042-651-8129 / FAX: 042-651-9408
MAIL:koike.s.s@mx9.ttcn.ne.jp
ホームページ 有限会社小池製作所のHPへ

#バックナンバー

#12

親子で受け継いできた技術で東京マイスターを受賞!

令和3年度東京マイスターに認定された旋盤工の小池孝広様が勤務する小池製作所へ。技術の修得に至る道のりや、ものづくりの世界を目指す若者たちへの思いなどについてお話しを伺いました。

詳しくはこちら

#11

名誉ある賞を受賞することで日本のものづくりへの貢献を実感。

令和3年度東京マイスターに認定されたプリント基板組立工の木原秀真様が勤務する東芝ディーエムエスへ。技能に対する姿勢やモノづくりの世界を目指す若者たちへの思いなどについてお話しを伺いました。

詳しくはこちら

#10

先生と学生の二人三脚で上位入賞を目指し特訓中!

服部栄養専門学校では、「レストランサービス」競技の東京都代表に選ばれた学生と、昨年度の技能五輪全国大会で敢闘賞を受賞された先生が、二人三脚で練習に励んでいます。今回はそのお二人へ、大会出場にかける思い…

詳しくはこちら

#09

それぞれの表現でフラワー装飾競技の入賞を目指す!

技能五輪で「フラワー装飾」競技の東京都代表に選ばれた5名の学生が通う東京テクノ・ホルティ園芸専門学校へ。出場選手のうち4名の方に、技能五輪出場への思いや意気込みなどについてお話を伺いました。

詳しくはこちら

#08

憧れの会社で、高校時代からの夢だったメダル獲得へ!

とび競技の東京都代表として技能五輪に出場する小山さんが勤める向井建設へ。指導員の山課長にも同席いただき、大会出場の意気込みや練習などについてお話を伺いました。

詳しくはこちら

#07

先生や先輩の教えを胸に、憧れの大会へ。

貴金属装身具の競技において6人の選手が出場する「ヒコ・みづのジュエリーカレッジ」で、松村さんと岡村さんの二人の選手にお話を伺いました。

詳しくはこちら

#06

東京から世界へ発信!衣食住遊・匠の技

東京・日本の魅力発信イベント「Tokyo Tokyo ALL JAPAN COLLECTION」にて、東京の匠が技や作品を披露した様子をリポートしました。

詳しくはこちら

#05

精密加工を担う「旋盤」「フライス盤」の競技に挑む!

「挑戦!若年者ものづくり競技大会」シリーズの第2回となる今回は、中央・城北職業能力開発センター 板橋校において「旋盤」「フライス旋盤」の職種で出場した久世さん、在川さんの2人の選手をご紹介します。

詳しくはこちら
  • はたらくネット
  • 技能五輪
  • ものづくり・匠と技の祭典
  • 東京マイスター
  • 技のとびら
  • 東京都職業能力開発協会
  • 中央職業能力開発協会