• HOME
  • 特集記事
  • 匠の技を見て、さわって、体験しよう (中編)
匠の技を見て、さわって、体験しよう (中編)
#31

ものづくり・匠の技の祭典2022

匠の技を見て、さわって、体験しよう (中編)

リポーター
ものづくり部 部長 わざねこ

伝統的な匠の技やものづくりの技能・技術の魅力を発信する「ものづくり・匠の技の祭典2022」。会場では、ステージパフォーマンスの他にも、衣食住工のさまざまな匠によるブースでの体験プログラムや実演、作品展示などが行われたんだ。今回も、わざねこが作品展示や体験の様子をちょっとだけご紹介します!

匠たちの技の結晶、浅草寺・雷門モニュメントの秘密!?

匠たちの技の結晶、浅草寺・雷門モニュメントの秘密!?

祭典の幕開けを飾る特別作品として、オープニングセレモニーでお披露目された「浅草寺・雷門」のモニュメント。東京を象徴する観光名所「浅草寺」の総門をモチーフに、椅子張りと建具の匠が高度な技能で製作したんだ。創建以来、幾度も消失と復建を繰り返してきた雷門は、まさに東京を代表する復興のシンボル。コロナ禍からの復興を祈願するとともに、今年の祭典が一般の来場者を迎えて開催できることへの感謝が込められているんだって。

椅子張り技術で再現した、大提灯

椅子張り技術で再現した、大提灯

大提灯は、椅子張りの匠・藤元晶扇さんと井上洋一さんが椅子張りの技能と材料で製作、幅・奥行き約1.6m、高さ約1.9mの大きさに再現したんだ。「雷門」の文字は、実物の写真と見比べながら書体を微調整し、少し外に開くことで、正面から見た時にまっすぐになるようにしているんだって。文字を形どる布は、試行錯誤を重ね、全方向に伸びるレオタード生地を採用。一人がエッジ部分の生地にハサミを入れ、織り込んだら、もう一人が内側から生地をボンドで接着、ほつれを押さえながら釘で留め、表にシワが出ないよう丁寧に張り込んでいったんだ。下地の提灯部分の生地は、すすけた朱色の和紙を再現するため、黒い横糸が縫い込まれた海外製の生地を探し、文字周りの白い生地は、下の朱色が透けないよう、レオタード生地を2枚重ねているんだ。




feature_31_

近づくと、文字が提灯の曲面にぴったり隙間なく張り付いていることがわかるけど、その秘密は、提灯の内側に無数に伸びた紐。内側から、この紐を1本ずつ引っ張って、曲面にぴったり沿うように釘で止めているんだ。紐の数、なんと400本以上!1本1本、手作業で仕上げた大変な仕事だよ。




feature_31_

提灯は、竹籤(たけひご)を3〜4時間、水に浸けて柔らかくしてから曲げて、木製の型枠にボンドで接着することで、形を再現したんだ。上部の「重化(じゅうけ)」と呼ばれる化粧輪は、実物は金色。だけど、お守り袋を編んでいる京都の会社に頼んで、紫に近い青色ベースの生地に金糸を多めに加えることで、遠目から金色に見えるようにしているそうだよ。実物の大提灯の底部には龍の精密な木彫があるけど、これを再現するため、カメラマンに撮影してもらった実物の画像をビニールレザーにプリントし、内張の技能で貼りつけたんだ!細部にまで匠のこだわりが詰まった、大提灯。総重量約60kgの大作になったよ!





feature_31_5"

建具の妙技が華を添える、門構え

大提灯を吊る門構えは、建具の匠・友國三郎さんの手による高さ2.5m、幅2.4m、総重量400kgにも及ぶ作品。側面と後方には、平安時代から仏像の装飾としても描かれている麻の葉文様の組子があしらわれているんだ。立派な柱と組子細工が醸し出す凛とした佇まいが、大提灯を引き立て、圧倒的な存在感だよ。





feature_31_6"麻の葉文様

建具は、正確な寸法を割り出すことから始めるんだって。だから、全体の寸法から柱を決めたら、側面の建具の枠と内側に装飾としてあしらう麻の葉文様の外周部の正六角形の寸法を正確に割り出してから、建具の造作に着手。いちばん手がかかったのが、柱などの大きい部材を組み付ける加工。普段、細かい造作を手掛ける建具職人にとって、重くて大きいものを刻むのは、慣れない作業なんだって。





feature_31_"沓巻(くつまき)

柱の根元の造作は、沓巻(くつまき)といって、本来は銅板などで加工した化粧金物を巻き付け、柱の根腐れを防ぐもの。今回は、金物の代わりにヒノキを使って化粧を造作、少し厚みを持たせた形に収めたそうだよ。柱はカラマツという芯材を使ったけど、匠は柾目(まさめ:まっすぐに通った木目)がいいと考え、厚突(あつづき:厚さ0.6mmほど)の突板(つきいた:天然木を薄くスライスした板)の表面に鉋屑を貼ることで、柾目の柱に見えるよう仕上げてあるんだ。約3週間、匠が一人で取り組んだ門構えは会場に運ばれて職人たちの手でぴったり組み上げられたそうだよ。さすがだね!





小座布団製作体験で、綿づくりの技術を体感!

小座布団製作体験で、綿づくりの技術を体感!

東京都寝具技能士会のブースでは、匠による木綿座布団の製作実演が披露され、寝具製作の技を間近に見ることができたよ。大人気の体験プログラムでは、寝具技能士が最初に勉強する小座布団の製作を体験できるんだ。夏休みということもあって、小学生からお年寄りまで幅広い年齢層の方々が参加していたよ。45cm角の小座布団は、ちょうど手が入りやすいから、いちばん簡単に作れるサイズなんだって。でも、ただ綿を詰め込めばいいわけではないので、意外と難しそう!匠のお手本では、外側の生地に合わせて綿を織り込みながら、風呂敷で包みこむように作り上げ、生地の中にきれいに収めていたよ。代表的な座布団の製作方法だけど、実はこの綿づくりがいちばん難しい技術なんだって。健康な毎日を送るのに欠かせない、快適な睡眠。眠りの質を高める上で重要な役割を担う寝具の専門家として、匠は、寝具や睡眠に関する疑問や悩みにも答えていたよ。





ものづくり体験を通じて、“なぜ?”を知る

ものづくり体験を通じて、“なぜ?”を知る

金属材料の切削・板金・溶接・組立・組付などの基盤技術を活かし、産業設備用の治工具や医科学研究機器などを手掛ける株式会社西川精機製作所のブースでは、ミニアーチェリーの製作体験や電動超小型モビリティの紹介などが行われていたよ。「ミニアーチェリーをつくろう!」は、作って楽しいだけでなく、バラバラの部品を加工して合体し、組み立てることで、何か仕事をするものになっていくプロセスを体験し、同時に原理も理解することで、ものづくりの奥深さや面白さを感じてほしいんだって。

ドロッパー

社長の西川さんは、自分が選手だったことからアーチェリーの開発を手掛けたり、クルマ好きが高じて、FRP(合成樹脂にガラス繊維などを加えて強度を高めたプラスチック素材)の技術を使って、電動の超小型モビリティを開発したり、自分のやりたいこと、みんなのこうしたい、ああしたいを具体的な形にして提供するのが、ものづくりの根幹だと考えているんだ。超小型モビリティは、西川さんが実際に通勤で使っているんだって。2人乗りの開発も、大学の研究室との産学連携で進めているそうだよ。ものづくりを通じて未来をカタチにする匠と、ものづくり体験に夢中の子どもたちに、頼もしさを感じたよ。






匠たちに話を訊くと、丁寧に、すごい熱量で教えてくれるんだ。みんな、ものづくりが大好き。話の端々から、匠の“ものづくり愛”がひしひしと伝わってくるよ。「好きこそものの上手なれ」というのは、ほんとだね。

#バックナンバー

WEB空間を訪れるユーザーにとって、 よりよい体験を設計・デザインする仕事。#39

WEB空間を訪れるユーザーにとって、 よりよい体験を設計・デザインする仕事。

WEBサイトやアプリにおいて、ユーザーがサービスや製品などに触れる接点となるUI(ユーザーインタフェイス※)。その設計を担い、アートの世界で培った経験を活かしながら、より良い体験をデザインするUIデザ…

詳しくはこちら

職業訓練校の学園祭3年ぶりの開催で大盛況!#38

職業訓練校の学園祭3年ぶりの開催で大盛況!

2022年10月~11月、都内10箇所の東京都立職業能力開発センターで「技能祭」が3年ぶりに開催されました。大勢の来場者で賑わった城南職業能力開発センターの技能祭(大田校と合同開催)の様子を、わざねこ…

詳しくはこちら

磨き上げられた技能がぶつかり合う、静かで熱い真っ向勝負#37

磨き上げられた技能がぶつかり合う、静かで熱い真っ向勝負

2022年11月4日(金)〜7日(月)、全国から技能者が集まり、各分野の技能レベル日本一を競う「第60回技能五輪全国大会/第42回全国アビリンピック(全国障害者技能競技大会)」が幕張メッセをメイン会場…

詳しくはこちら

若手技能者が日本一を目指して競う、最高峰の技能大会開催!#36

若手技能者が日本一を目指して競う、最高峰の技能大会開催!

2022年11月4日(金)〜7日(月)、全国から技能者が集まり、各分野の技能レベル日本一を競う「第60回技能五輪全国大会/第42回全国アビリンピック(全国障害者技能競技大会)」が幕張メッセをメイン会場…

詳しくはこちら

食卓に、“美味しい!”の笑顔を届けるため、 安全で美味しい食品づくりに取り組む日々。#35

食卓に、“美味しい!”の笑顔を届けるため、 安全で美味しい食品づくりに取り組む日々。

工場などで原材料を加工し、食料製品を生産する“食品製造”は、私たちの日々の食生活を支える大切な仕事です。ハム・ソーセージ・ベーコンなどの食肉加工品の製造に携わる、株式会社大多摩ハム小林商会の櫻井つかさ…

詳しくはこちら

実践的なゲームづくりを学び、ゲーム開発の最前線で、プログラマーとして活躍。#34

実践的なゲームづくりを学び、ゲーム開発の最前線で、プログラマーとして活躍。

家庭用ゲーム機をはじめ、PC、タブレット、スマートフォンなどのオンラインゲーム、さらにVR(Virtual Reality:仮想現実)ゲーム、スポーツ競技としてのeスポーツの登場など、ゲーム業界は今、…

詳しくはこちら

コンクリート建築の骨格づくりを担う、ダイナミックで繊細な仕事。#33

コンクリート建築の骨格づくりを担う、ダイナミックで繊細な仕事。

“鉄筋コンクリート”といわれるように、コンクリート建築は、骨組みに鉄筋=鉄の棒を入れることで、強度や耐久性を高めています。この鉄筋をカゴ状に加工して組み立てる建物の骨格づくりを担う鉄筋工として、日々、…

詳しくはこちら

匠の技を見て、さわって、体験しよう (後編)#32

匠の技を見て、さわって、体験しよう (後編)

伝統的な匠の技やものづくりの技能・技術の魅力を発信する「ものづくり・匠の技の祭典2022」。日本のものづくりの伝統を受け継ぐ若い人たち向けのプログラムや座談会、東京以外の地域からの出展ブースの様子など…

詳しくはこちら
TOPに戻る
TOPに戻る