• HOME
  • 特集記事
  • 整備してきれいになった車両を送り出す瞬間、手応えを実感。
整備してきれいになった車両を送り出す瞬間、手応えを実感。 catch
#56

鉄道車両整備

整備してきれいになった車両を送り出す瞬間、手応えを実感。

西武鉄道株式会社
車両部玉川上水車両所(月検査班)
松本 直之さん

動画を見る

人々の移動手段として、社会活動を支える重要な役割を担う鉄道。その鉄道車両の検査・整備の担い手である鉄道車両技術係として活躍する西武鉄道株式会社の松本直之さんにお話を伺いました。

作業のダイナミックさに魅了

作業のダイナミックさに魅了

子どもの頃からものを作ったり、組み立てたりすることが好きで、高校は工業科に通い、機械工作などを学びました。高校の先生の紹介で鉄道車両の整備を行う株式会社西武車両(現在の西武鉄道・武蔵丘車両検修場)を知り、扱う車両の大きさ、作業のダイナミックさに強く惹かれ、入社を決意。車両機器の分解・細部の点検・組立を行う工場業務に携わっていましたが、業務移管により、西武鉄道に移りました。車両の修繕・重要部・全般検査を担当後、同業他社へ出向となり、工場の作業管理監督、車両の検査業務に携わった後、西武鉄道の南入曽車両所に戻り、月検査班、列車検査班を経て、2023年4月に、現在の玉川上水車両所の月検査班へ異動となりました。

検査ごとに異なる、確認ポイント

検査ごとに異なる、確認ポイント

車両整備は4種類あり、8年を超えない期間内に行う「全般検査」、4年を超えない期間内に行う「重要部検査」、3カ月を超えない期間内に行う「月検査」、少なくとも10日に1回行う「列車検査」があります。武蔵丘車両検修場で実施される「重要部検査」と「全般検査」は、分解・組立という機械的な検査が中心で、玉川上水車両所で行われる「月検査」と「列車検査」は、通電して機器の動作を確認する検査で、それぞれ見るポイントが異なります。月検査班は11名のチームで、屋根上担当、室内担当、床下担当に分かれ、1日かけて点検整備・清掃を行いながら、車両の状態と機能を検査します。場所によって、消耗の程度が異なるため、見るべきポイントをしっかり押さえないと見落とす可能性があり、写真付きのマニュアル等で確認しながら、確実に作業を進めていきます。

見落とし防止は、声かけで

見落とし防止は、声かけで

現在は、月検査班の「台車・モーター担当」のチーフとして、上司と若手の橋渡し的な役割を担っています。進捗を把握しながら、作業がスムーズに流れるよう積極的に声かけを行います。何か一つでも、見落としがあれば、事故につながる危険があるため、気になることがあれば、作業の合間に気軽に声をかけて相談できる雰囲気づくりが重要です。声かけしたひと言が気づきにつながることもあるので、見逃しリスクを少しでも減らすために、積極的なコミュニケーションを心がけています。

小さな気づきを拾う、感覚知

小さな気づきを拾う、感覚知

作業者の経験の差は、小さなことに対する気づきにあらわれます。作業中、音の違いで「おやっ」と感じたことで不具合を見つけたり、見た目は変わらないのに、わずかな違和感を覚えたことで小さな亀裂を発見したり、経験を積み重ねることで感覚知が磨かれ、それによって故障や不具合に気づくこともあります。もちろんマニュアル等に検査時のポイントは整理されていますが、全てを網羅できるわけではありません。小さな変化を見逃さないためにも、しっかり経験を積んで整備士としての感覚を磨くことが大切です。

社会活動を支える仕事

社会活動を支える仕事

車両整備業務は一つ間違えば、電車の運行に影響することもあり、大きなリスクと背中合わせの仕事です。 100%やりきって当たり前。失敗は許されません。そこに難しさがあります。身体を使う仕事なので、暑い夏など、きつい時もありますが、車両がきれいになり、お客様を乗せられる状態になって走り出していく姿を見送る瞬間、手応えを感じます。自分の手がけた車両が、社会活動を支える移動手段として機能している実感をダイレクトに感じられるのは、この仕事の醍醐味です。同時に責任の重さも感じます。純粋に機械好きとしては、整備した巨大な車両がダイナミックに動き出す、その様子を間近に見られるのが、何よりの楽しみです。大きなものを自分たちの手で動かしている実感があります。そこが、この仕事の最大の魅力だと思います。

知られざる電車の動きとは!?

時刻表に掲載されている電車の運行以外にも、実は、一般の人が知らない電車が動いています。点検整備のために車両基地に向かったり、回送列車で始発駅に向かったりなど、見えないところでも電車が動いています。こうした車両のすべての動きを表示した紙状のダイヤがあり、そこには時間軸に沿った電車の動きが網の目のように記載されています。

知られざる電車の動きとは!?
社名 西武鉄道株式会社
本社所在地 埼玉県所沢市くすのき台1-11-1
TEL 04-2926-2045
主な業務内容 西武グループの中核企業として都市交通・沿線事業を担っている。
ホームページ 西武鉄道株式会社のホームページへ

#動画で見る

#バックナンバー

お客様に長く愛される一着を、丁寧に縫い上げていく。#69

お客様に長く愛される一着を、丁寧に縫い上げていく。

紳士服の製造は、高級紳士服に分類される個別職人仕立てによる「フルオーダー(Full Order)」と、既製服と呼ばれる工業生産による「レディーメード(Ready Made)」に大きく分かれます。今回、…

詳しくはこちら

全身全霊で石を刻み、時を超えて残るものを手がける。#68

全身全霊で石を刻み、時を超えて残るものを手がける。

石材施工は、建築・土木工事をはじめ、お墓や石碑、石垣、花壇など、暮らしの身近なところで使われる石材の加工やその設置工事を行う仕事です。工具を使って手作業による石材加工を手がける有限会社協和石材工業所の…

詳しくはこちら

学校給食環境を整え、子供たちの食と笑顔を支える。#67

学校給食環境を整え、子供たちの食と笑顔を支える。

育ち盛りの子供たちの健やかな成長を支えるため、学校給食はとても大切な役割を担っています。安心・安全・快適な学校給食環境の実現を目指し、調理機器や備品の提供、厨房設備の設計・施工を担う新日本厨機株式会社…

詳しくはこちら

ものづくりの根幹を支える、ダイナミックな仕事(株式会社橋本鋳造所)#66

ものづくりの根幹を支える、ダイナミックな仕事(株式会社橋本鋳造所)

金属を溶かし、鋳型(いがた)に流し込んで固める金属材料加工法「鋳造(ちゅうぞう)」。自動車や工業機械などの部品をはじめ、フライパンやマンホールの蓋など、さまざまな金属製品が鋳造加工で造られているんだ。…

詳しくはこちら

エレベーターの押しボタンは、こうして作られる!(島田電機製作所)#65

エレベーターの押しボタンは、こうして作られる!(島田電機製作所)

私たちが普段、何気なく利用しているエレベーターは、社会生活に欠かせないインフラであり、ビルやマンションなどの建物空間を快適に移動する手段として大切な役割を果たしているよ。エレベーター用意匠器具の専門メ…

詳しくはこちら

美味しさを追求する料理の面白さに、終わりはない。#64

美味しさを追求する料理の面白さに、終わりはない。

ユネスコの無形文化遺産にも登録されている日本料理(和食)は、日本の気候風土が育んだ食材本来の味わいを生かしながら、旬などの季節感を大切にし、器や盛り付けで四季の移ろいを美しく表現するなど、伝統的な食文…

詳しくはこちら

伝統工芸を次へつなぐ、若手職人の新しい風#63

伝統工芸を次へつなぐ、若手職人の新しい風

東京の伝統工芸を担う若手職人が一堂に会し、「伝統挑新〜職人技の更なる発展」をテーマに各分野の伝統技術を紹介する展示会『TOKYO職人展』が伝統工芸青山スクエアで開催されたよ。会場内では作品の展示・販売…

詳しくはこちら

楽しい体験イベント盛りだくさん!ものづくりの学園祭、開催。#62

楽しい体験イベント盛りだくさん!ものづくりの学園祭、開催。

2023年10月〜11月、都内10箇所の東京都立職業能力開発センターで「技能祭」が開催されたよ。わざねこは、飯田橋駅からほど近い東京都立中央・城北職業能力開発センターを訪問、平日にも関わらず、たくさん…

詳しくはこちら
  • はたらくネット
  • ものづくり・匠と技の祭典2023
  • 東京マイスター
  • 技のとびら
  • 東京都職業能力開発協会
  • 中央職業能力開発協会
TOPに戻る
TOPに戻る2