江戸木目込人形

発祥は、江戸時代中期から京都の賀茂でつくられた「賀茂人形」にあります。胴体の木地に筋目をつけ、そこに衣裳地を木目込んでつくられたことから「木目込人形」と呼ばれるようになりました。今日の江戸木目込人形は「賀茂人形」と比べ、顔が痩せ型で小味のきいた細かい目鼻立ちが特徴です。
  • はたらくネット
  • 技能五輪
  • ものづくり・匠と技の祭典
  • 東京マイスター
  • 技のとびら
  • 東京都職業能力開発協会
  • 中央職業能力開発協会