本場黄八丈

八丈島に自生する草木を染色とした草木染めで、絹糸を黄・樺・黒の三色に染め上げ、手織りによって織り上げられています。室町時代に八丈島から黄袖の名で絹織物が献上されたという記録があり、江戸時代以後、粋な縦縞、格子縞が織られ、日常着として広く親しまれるようになりました。
  • はたらくネット
  • 技能五輪
  • ものづくり・匠と技の祭典
  • 東京マイスター
  • 技のとびら
  • 東京都職業能力開発協会
  • 中央職業能力開発協会