多摩織

「桑の都」と呼ばれた八王子では、古くから絹が織られ、文政年間には様々な技法が導入され、明治初期には、多くの技術・技法が定着しました。多摩織は、御召織(おめしおり)、紬織(つむぎおり)、風通織(ふうつうおり)など5つの織物の総称で、多摩織独特の渋い味わいが特徴です。
  • はたらくネット
  • 技能五輪
  • ものづくり・匠と技の祭典
  • 東京マイスター
  • 技のとびら
  • 東京都職業能力開発協会
  • 中央職業能力開発協会