東京仏壇

元禄時代に指物師が仕事の合間に独自の技法で製作したのが始まりで、仏教の繁栄により仏壇製作に専念するようになりました。唐木材(黒檀や紫檀など)により作られ、江戸の渋好みの伝統による錺(かざり)金具を使わないシンプルな作りが特徴です。
  • はたらくネット
  • 技能五輪
  • ものづくり・匠と技の祭典
  • 東京マイスター
  • 技のとびら
  • 東京都職業能力開発協会
  • 中央職業能力開発協会