東京手描友禅

手描友禅は、江戸時代に京都の絵師「宮崎友禅斎」によって広められたと言われています。江戸の洗練された庶民文化の中に江戸の友禅として発展し、江戸の粋を現代に伝えています。型紙を用いずに下絵から色挿し、仕上げまでの工程を手描きによって染付けします。
  • はたらくネット
  • 技能五輪
  • ものづくり・匠と技の祭典
  • 東京マイスター
  • 技のとびら
  • 東京都職業能力開発協会
  • 中央職業能力開発協会