• HOME
  • 特集記事
  • 匠の技が集結!見て・触れて・体験する、ものづくりの一大イベント(前編)
匠の技が集結!見て・触れて・体験する、ものづくりの一大イベント(前編) catch
#57

ものづくり・匠の技の祭典2023

匠の技が集結!見て・触れて・体験する、ものづくりの一大イベント(前編)

リポーター
ものづくり部 部長 わざねこ

ものづくりの匠の技と最先端技術が一堂に会した一大イベント「ものづくり・匠の技の祭典2023」が、8月4日(金)〜6日(日)の3日間、東京国際フォーラムで開催されたよ。衣・食・住・工の各分野の優れた技に触れる機会として、多彩なパフォーマンス・作品展示・体験プログラムが行われたんだ!大勢の人が訪れ、今年も大盛況だった祭典の様子を、わざねこがリポートするね。

匠の技、結集!

匠の技、結集!

オープニングセレモニーを飾る特別作品として披露された「匠の地球儀」は、ものづくりの第一線で活躍する匠たちの技を結集し、持続可能な世界の実現を願って製作された大作だよ。この地球儀のベースとなる球体を手掛けたのは、板金の匠。なまして(※高温で熱してからゆっくり冷まし、柔らかくして)叩いた銅板を組み合わせて製作したんだ。地球の絵柄は、内装の匠が24分割したフィルムを一枚一枚、緻密に張り合わせたもの。その上に、左官の匠が漆喰で陸地部分を再現し、緑地部分は、造園の匠が天然木パウダーを使って丁寧に仕上げたんだ。そして、地球儀を支える台座は、設計から仕上げまで建築大工の匠が担当。それぞれの匠が卓越した技と創意工夫で作り上げた、まさに「匠の地球儀」!それぞれの匠に苦労した点や見どころを訊いたので紹介するね。

ヒントは、サッカーボール銅板の伸び率を考えながら叩き出していく(阿部道雄さん)

ヒントは、サッカーボール

球体を製作したのは、板金の匠・阿部道雄さんと岩井敢士さん。直径1,200mmの球体を、その大きさで叩き出すのは難しいため、サッカーボールをヒントに、正六角形20枚と正五角形12枚の銅板を組み合わせる方法を採用したんだ。銅板の伸び率を考えながら叩き出し、32面をすべて同じアール(曲面)で仕上げなければ、組み上げた時に球体にならない。つまり、数ミリのずれも許されず、全体のサイズを1,200mmに収めなければならない大変な作業なんだ。そこがいちばん苦労したんだって。

正六角形と正五角形の銅板を木型に被せる様子(阿部道雄さん:左/岩井敢士さん:右)

地球儀の内部は、正五角形、正六角形に切った15mmの板で木型を組み、そこに銅板をかぶせ、つなぎ目をはんだ付けしているんだ。板と銅板の間の空洞部分を埋めるため、発泡ウレタンを注入。ところが、想定以上に発泡ウレタンが膨れ、圧がかかったことで、はんだを押し上げて飛び出してしまうアクシデントが発生。バーナーで炙ってはんだを外し、再度銅板を付け直すなど、最後まで大変だったそうだよ。銅板を組み合わせて、いかに丸く見せられるか。正五角形と正六角形を一つ一つ丁寧に叩き出し、つなぎ合わせていった匠の技、本当にすごいね!

絵柄をぴったり合わせる、緻密な技24分割されたフィルム(上の写真) 高橋敏昭さん(下の写真)

絵柄をぴったり合わせる、緻密な技

銅板製の球体の上に、地球の絵柄を張ったのは、内装の匠・飯島勇さんと高橋敏昭さん。24分割されたフィルムを丁寧に張り合わせているんだ。最大のポイントは、柄の合わせ。内装の仕事は通常、壁などの平らな面にクロスを張る。

フィルムを貼っている飯島勇さん

でも今回は、球体。分割された絵柄を球体の曲面に沿ってぴったり合わせながら張っていくのは、いつもと勝手が違う。でも、そこは匠。球体のサイズにフィルムの寸法をぴったり合わせるため、ドライヤーで炙りながら引っ張る一方、部分的にスポンジで冷やしながら縮めることで細部を調整し、きれいに張り合わせていったんだ。緻密に絵柄を合わせたつなぎ目は、匠の技のいちばんの見どころだね。


漆喰で、陸地を再現木村一幸さん(上)が鏝(こて)で大陸や山脈、砂漠を盛りつけ、八幡俊昭さん(下)がぼかしを入れている様子

漆喰で、陸地を再現

陸地の造作を担当したのは、左官の匠・八幡俊昭さんと木村一幸さん。材料はすべて漆喰で、地球の絵柄のフィルムに下地調整材を塗り、その上に鏝(こて)で大陸や山脈、砂漠を盛りつけたんだよ。下地を塗らないと、漆喰だけでは剥がれてしまうので、そこは、匠の裏技。日本列島は、みんながよく知っているからこそ、入念に再現し、富士山も、左官で仕上げているよ。色の調整は、地図を参考に5〜6色を掛け合わせながら、濃いところ・薄いところの色合いを再現。さらに刷毛でグラデーションを入れてぼかすことで、繊細に表現しているんだ。見どころは、砂漠と山の高低差をグラデーションで再現したところ。山肌の繊細な表現は見事だね!


最後の仕上げは、日本列島富士山を仕上げる様子(上の写真)作業する江上信一さん(下の写真)

漆喰で、陸地を再現

最後の仕上げとして緑地を再現したのが、造園の匠・江上信一さん。当初、苔を使う方法を打診されたけれど、全長15cm程の日本の国土を再現するのに、苔はひとつまみのサイズが大きいので、半島や島嶼部を含め、見慣れた日本の形にするのは困難。そこで、匠はジオラマの材料を思いつき、天然木パウダーを使ったんだ。極細の筆でボンドを塗り、色の薄いところから少しずつパウダーを載せ、緑の深いところは重ねることで色を濃くし、山の高さと森林の雰囲気を表現しているんだ。造園業は、最後の仕上げが仕事。他の作業が全て終わってから、木を植え、砂利を敷き、飛石を並べて仕上げ、翌日にはお客様に引き渡せる状態にする。つまり、化粧をして、最後に紅を差すのが造園の仕事。今回の地球儀製作の集大成が、日本列島。最後に仕上げたんだって。


地球を支える仕事片岡茂樹さんの作業風景

地球を支える仕事

地球儀を支える台座を製作したのは、建築大工の匠・片岡茂樹さん。当初の図面では、箱状だったのを、木組みをしっかり見せたいと考え、一から図面を起こしたんだ。地球儀の重量約70kgを支える耐久性が求められるので、地球儀とのバランスを考え、下部だけを支え、地球儀全体が映えるような形にし、尚且つ、木組みであること、手仕事だとわかるようにしたんだって。地球儀が乗る部分は、1,200mmのアール(曲面)の板を二つに切って重ね合わせて十字形をつくり、球体が360度動くようにえぐり取っているんだ。柱は、100×100mmの角材を9本束ねてボルトで締め、化粧として杉板を4枚貼り、四方に檜の足を組んでいるんだ。台座は縁の下の力持ちだけど、ちゃんと建築大工の見せ場をつくっているところは、さすがだね。



8人の匠が持てる技能と創意工夫で仕上げた、「匠の地球儀」。匠たちの至高の技の共演は、祭典ならではのもの。来年の祭典は、どのような作品がオープニングを飾るのか、今から楽しみだね。

#バックナンバー

お客様に長く愛される一着を、丁寧に縫い上げていく。#69

お客様に長く愛される一着を、丁寧に縫い上げていく。

紳士服の製造は、高級紳士服に分類される個別職人仕立てによる「フルオーダー(Full Order)」と、既製服と呼ばれる工業生産による「レディーメード(Ready Made)」に大きく分かれます。今回、…

詳しくはこちら

全身全霊で石を刻み、時を超えて残るものを手がける。#68

全身全霊で石を刻み、時を超えて残るものを手がける。

石材施工は、建築・土木工事をはじめ、お墓や石碑、石垣、花壇など、暮らしの身近なところで使われる石材の加工やその設置工事を行う仕事です。工具を使って手作業による石材加工を手がける有限会社協和石材工業所の…

詳しくはこちら

学校給食環境を整え、子供たちの食と笑顔を支える。#67

学校給食環境を整え、子供たちの食と笑顔を支える。

育ち盛りの子供たちの健やかな成長を支えるため、学校給食はとても大切な役割を担っています。安心・安全・快適な学校給食環境の実現を目指し、調理機器や備品の提供、厨房設備の設計・施工を担う新日本厨機株式会社…

詳しくはこちら

ものづくりの根幹を支える、ダイナミックな仕事(株式会社橋本鋳造所)#66

ものづくりの根幹を支える、ダイナミックな仕事(株式会社橋本鋳造所)

金属を溶かし、鋳型(いがた)に流し込んで固める金属材料加工法「鋳造(ちゅうぞう)」。自動車や工業機械などの部品をはじめ、フライパンやマンホールの蓋など、さまざまな金属製品が鋳造加工で造られているんだ。…

詳しくはこちら

エレベーターの押しボタンは、こうして作られる!(島田電機製作所)#65

エレベーターの押しボタンは、こうして作られる!(島田電機製作所)

私たちが普段、何気なく利用しているエレベーターは、社会生活に欠かせないインフラであり、ビルやマンションなどの建物空間を快適に移動する手段として大切な役割を果たしているよ。エレベーター用意匠器具の専門メ…

詳しくはこちら

美味しさを追求する料理の面白さに、終わりはない。#64

美味しさを追求する料理の面白さに、終わりはない。

ユネスコの無形文化遺産にも登録されている日本料理(和食)は、日本の気候風土が育んだ食材本来の味わいを生かしながら、旬などの季節感を大切にし、器や盛り付けで四季の移ろいを美しく表現するなど、伝統的な食文…

詳しくはこちら

伝統工芸を次へつなぐ、若手職人の新しい風#63

伝統工芸を次へつなぐ、若手職人の新しい風

東京の伝統工芸を担う若手職人が一堂に会し、「伝統挑新〜職人技の更なる発展」をテーマに各分野の伝統技術を紹介する展示会『TOKYO職人展』が伝統工芸青山スクエアで開催されたよ。会場内では作品の展示・販売…

詳しくはこちら

楽しい体験イベント盛りだくさん!ものづくりの学園祭、開催。#62

楽しい体験イベント盛りだくさん!ものづくりの学園祭、開催。

2023年10月〜11月、都内10箇所の東京都立職業能力開発センターで「技能祭」が開催されたよ。わざねこは、飯田橋駅からほど近い東京都立中央・城北職業能力開発センターを訪問、平日にも関わらず、たくさん…

詳しくはこちら
  • はたらくネット
  • ものづくり・匠と技の祭典2023
  • 東京マイスター
  • 技のとびら
  • 東京都職業能力開発協会
  • 中央職業能力開発協会
TOPに戻る
TOPに戻る2