• HOME
  • 特集記事
  • 結婚するおふたりのために、世界にたった一つのウエディングケーキを作り上げる幸せな仕事
結婚するおふたりのために、<br>世界にたった一つの<br>ウエディングケーキを<br>作り上げる幸せな仕事
#23

パティシエ

結婚するおふたりのために、
世界にたった一つの
ウエディングケーキを
作り上げる幸せな仕事

アニヴェルセル 表参道  パティシエ長
宇川 景子さん

動画を見る

結婚式を迎えるカップルがイメージする、世界にたった一つのウエディングケーキ。一生に一度の晴れの舞台を飾るもう一つの主役、ウエディングケーキと日々向き合うアニヴェルセル 表参道のパティシエ長 宇川景子さんに、この道に進んだきっかけ、ケーキづくりの魅力、面白さなどについてお話を伺いました。

大好きなお菓子作りから、パティシエの世界へ

大好きなお菓子作りから、パティシエの世界へ

中学の頃からクッキーやパイなどのお菓子作りが大好きでした。高校の時、結婚式場のアルバイトで、街のケーキ屋さんが運んできたウエディングケーキのあまりの美しさに、“つくってみたい!”と思ったのがきっかけです。短大卒業後、専門学校でパティシエの基礎を学び、アニヴェルセルに入社しました。

アニヴェルセル 表参道には結婚式場とカフェ

アニヴェルセル 表参道には結婚式場とカフェがあり、ウエディングケーキとカフェの商品開発責任者を兼務しています。チームで、カフェ用のケーキと週末に向けたウエディングケーキ、デザートビュッフェの仕込みを並行して進めます。カフェのケーキは5種類。1種類で60個以上のオーダーがある日もあり、朝から分刻みでケーキづくりに取り組みます。 チームで大切にしているのは、コミュニケーション。楽しく仕事をすることで、その会話の中から新しいアイデアやヒントが出てくることもあります。何より、そういう楽しい雰囲気がお客様にも伝わると思っています。

おしごと内容

  • ケーキづくり

    ケーキ作り

    一日は、カフェ用のケーキづくりから始まります。それを仕上げたら、イチゴのスライス、オレンジのカルチェなど、翌日分の仕込みをチームで手分けして進めます。

  • 新商品開発

    新商品開発

    カフェ用のケーキ開発では、いろいろな味の組み合わせを自分の中でイメージしながら、一つのケーキに組み上げ、試作します。

  • 打ち合わせ

    パティシエの打ち合わせ

    ご新郎ご新婦が思い描くウエディングケーキのイメージをプランナーと共有し、本番に向けてブラッシュアップします。

お客様の一言で、また頑張れる

お客様の一言で、また頑張れる

ケーキづくりでは、基本が大切。毎回しっかり味見し、考え抜いた上で、納得できるものを出します。自分の舌がちょっとでも“?”と感じたら、微妙な味にしかなりません。砂糖1gでも味が変化し、わずかな分量差が生地の仕上がりを左右し、ゼラチン一つがムースの滑らかさに影響します。だからこそ計量は緻密に、味見をしっかりする。サイズが大きいウエディングケーキでは、ちょうどよい味に仕上げても、小さくカットすることで味が変わるので、全体の味の構成やバランス、クリームの柔らかさ、スポンジ生地の焼き加減など、細部に気を配る必要があります。ケーキづくりは、とても繊細。学んできたこと、失敗したことをどう生かすか、どうすれば良くなるかを常に考えながら、日々ケーキと向き合います。パティシエとしては、まだまだ。でも、お客様の“美味しかったよ”という一言で報われ、また頑張ろうと思えます。

ゴールがない世界

ゴールがない世界

たくさん失敗したことで、自分の中の引き出しが増え、以前、商品開発で上手くいかなかったことも、“今回はこれを試そう”と考えて工夫する力がつきました。美味しいものだけでは、味はまとまらないもの。オレンジやレモンの皮など、わずかに苦味を加えることで甘さが引き立ち、口の中で程よい美味しさになります。大切なのは、組み合わせ。同じケーキも、香りや食感が変われば、新しい美味しさにつながる。そこがケーキづくりの面白さであり、奥深さです。完成したと思っても、その先があり、正解がない。自分の成長と共に味が変わるし、失敗もプラスになる。考え続けることが楽しいし、ゴールがない世界です。探求心や向上心を持つことで、パティシエの仕事はどんどん楽しくなります。自分の発想で次々と新しいことを生み出せるモノづくりには、無限の可能性があると思います。

プロフィール

プロフィール

短大卒業後、エコール辻東京でパティシエとしての基礎を学び、2014年、アニヴェルセルに入社。アニヴェルセル みなとみらい横浜勤務を経て、アニヴェルセル 表参道でパティシエ長を務める。アニヴェルセル・デザートコンクールで2019年優勝、2021年準優勝。

ケーキ店とウエディングのパティシエ、何が違う?

ケーキづくりの基本作業としては同じですが、ウエディングの場合、結婚するおふたりが理想とするイメージを具体的な形にしていきます。常に初めてのものと向き合うため、 パティシエには、豊富な知識と経験、発想力などが求められます。毎回、世界にたった一つのウエディングケーキを作り上げていく作業は大変ですが、それに関わるパティシエたちにとっては楽しく、幸せを感じる仕事でもあります。

ケーキ店とウエディングのパティシエ、何が違う?
社名 アニヴェルセル株式会社
本社所在地 東京都港区北青山3-5-30
連絡先 TEL: 03-5786-1088
会社概要 結婚式場などを運営する業界大手の企業。東京都港区に本社を置き、
全国10店舗の結婚式場を展開している。
「お客様の人生に寄り添い、
感動を提供し続ける、記念日プロデュース企業となる。」
をビジョンとして掲げている。
ホームページ アニヴェルセル株式会社のHPへ

#動画で見る

#バックナンバー

WEB空間を訪れるユーザーにとって、 よりよい体験を設計・デザインする仕事。#39

WEB空間を訪れるユーザーにとって、 よりよい体験を設計・デザインする仕事。

WEBサイトやアプリにおいて、ユーザーがサービスや製品などに触れる接点となるUI(ユーザーインタフェイス※)。その設計を担い、アートの世界で培った経験を活かしながら、より良い体験をデザインするUIデザ…

詳しくはこちら

職業訓練校の学園祭3年ぶりの開催で大盛況!#38

職業訓練校の学園祭3年ぶりの開催で大盛況!

2022年10月~11月、都内10箇所の東京都立職業能力開発センターで「技能祭」が3年ぶりに開催されました。大勢の来場者で賑わった城南職業能力開発センターの技能祭(大田校と合同開催)の様子を、わざねこ…

詳しくはこちら

磨き上げられた技能がぶつかり合う、静かで熱い真っ向勝負#37

磨き上げられた技能がぶつかり合う、静かで熱い真っ向勝負

2022年11月4日(金)〜7日(月)、全国から技能者が集まり、各分野の技能レベル日本一を競う「第60回技能五輪全国大会/第42回全国アビリンピック(全国障害者技能競技大会)」が幕張メッセをメイン会場…

詳しくはこちら

若手技能者が日本一を目指して競う、最高峰の技能大会開催!#36

若手技能者が日本一を目指して競う、最高峰の技能大会開催!

2022年11月4日(金)〜7日(月)、全国から技能者が集まり、各分野の技能レベル日本一を競う「第60回技能五輪全国大会/第42回全国アビリンピック(全国障害者技能競技大会)」が幕張メッセをメイン会場…

詳しくはこちら

食卓に、“美味しい!”の笑顔を届けるため、 安全で美味しい食品づくりに取り組む日々。#35

食卓に、“美味しい!”の笑顔を届けるため、 安全で美味しい食品づくりに取り組む日々。

工場などで原材料を加工し、食料製品を生産する“食品製造”は、私たちの日々の食生活を支える大切な仕事です。ハム・ソーセージ・ベーコンなどの食肉加工品の製造に携わる、株式会社大多摩ハム小林商会の櫻井つかさ…

詳しくはこちら

実践的なゲームづくりを学び、ゲーム開発の最前線で、プログラマーとして活躍。#34

実践的なゲームづくりを学び、ゲーム開発の最前線で、プログラマーとして活躍。

家庭用ゲーム機をはじめ、PC、タブレット、スマートフォンなどのオンラインゲーム、さらにVR(Virtual Reality:仮想現実)ゲーム、スポーツ競技としてのeスポーツの登場など、ゲーム業界は今、…

詳しくはこちら

コンクリート建築の骨格づくりを担う、ダイナミックで繊細な仕事。#33

コンクリート建築の骨格づくりを担う、ダイナミックで繊細な仕事。

“鉄筋コンクリート”といわれるように、コンクリート建築は、骨組みに鉄筋=鉄の棒を入れることで、強度や耐久性を高めています。この鉄筋をカゴ状に加工して組み立てる建物の骨格づくりを担う鉄筋工として、日々、…

詳しくはこちら

匠の技を見て、さわって、体験しよう (後編)#32

匠の技を見て、さわって、体験しよう (後編)

伝統的な匠の技やものづくりの技能・技術の魅力を発信する「ものづくり・匠の技の祭典2022」。日本のものづくりの伝統を受け継ぐ若い人たち向けのプログラムや座談会、東京以外の地域からの出展ブースの様子など…

詳しくはこちら
TOPに戻る
TOPに戻る